住宅購入の3つの条件|打ち合わせが肝になる注文住宅の建て方|住みやすい住宅にしよう

住宅購入の3つの条件

室内

首都圏で注目されるエリア

マイホームを購入する時には3つの大事なポイントがあります。1つ目は頭金です。頭金が多ければ多いほどローンの支払いが楽になります。2つ目は住環境です。一生に一度のマイホームを購入しても、住環境が良くないと引っ越したくなります。3つ目は場所です。家族が納得できる場所を選ぶことが大事です。首都圏でこの3つをクリアできるのが相模原です。都心へのアクセスが良いにも関わらず比較的不動産価格が安く、頭金が少なくてもローンの支払いに困ることはないです。また相模原は都市部と自然が融合しており、子供や高齢者には快適な住環境が備わっています。相模原は政令市都市であり、現在はそれにふさわしい都市開発が進んでいます。子供や高齢者だけでなく、働き盛りの世代にとっても魅力ある都市になります。

開発中の政令指定都市

相模原は非常に面積が広く、都市部と田園エリアと山岳地帯を包摂しています。そのためどのような暮らし方を望むかによってマイホームを建てる場所を選ぶことができます。不動産開発が進んでいるのは電車の沿線ですが、オールラウンドな住環境が欲しい場合は都市部の郊外にある不動産が適しています。不動産価格が安く、都市部と田園エリアの双方の利便性を享受できます。また休日には北部の山岳地帯へ足を伸ばしてアウトドアライフを楽しむことができます。相模原市内には複数の高速道路も通っているので、車を利用すると余暇の楽しみ方が広がります。しかも混雑する都心部から離れているので、渋滞などの影響を受けることなくドライブができます。相模原市内にはリニア新幹線の停車駅もできるので、将来的にも発展が期待できます。不動産価値も上がること間違いなしです。